ひとりで祈る祈りと、何名かで祈る祈りとは、何か違うのかな?きかれ方が違うんだろうか…?

教会に通い出した頃、こんな事を考えた事があった。今、私には一緒に祈ってくれる友がたくさんいる。それは、神の家族たちだ。もちろん、ひとりで祈る事の方がはるかに多い。朝、目覚めてすぐの祈り、家族の一日の安全と祝福、感謝の祈り…。「イエスさま!携帯が無いんです、ある場所教えてください!」「神さま!なんかイライラします。この気持ちどうすればいいですか?!」なんて、人には言えない祈りもしたりする🤣

それでも、これは一緒に祈って欲しい!という祈りがある。そんな時は、祈りの友にお願いする。すると、私自身は問題部分にばかり目が行きがちだが、いろいろな方向から祈りがされることに気がつく。祈りのサポートだ。神が、その一つ一つの祈りを聞いてくださっていると思うと、本当に心強い✨✨

『あなたは、祈るときには自分の奥まった部屋に入りなさい。そして、戸をしめて、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい』マタイ6.6

ひとりで祈る時も、何名かで祈る時も、ひとりひとりが神と向き合い、心の奥底から祈るとき、神さまは必ずきいてくださると信じています。そして、共に祈りあい、励まし合い、支えあえる『祈りの友』を与えてくださっている事に、感謝します✨✨