教会では、毎週日曜日に皆で神さまに礼拝を捧げます。礼拝を捧げるにあたり、当日まで、さまざまな働きがあります。

今回は特別に「子ども祝福式」の為、子どもたちの成長を報告する動画を流す事となりました。当然、皆で協力しなければ、実現はしません。

まず、子どもたちのようすを報告し、写真などを準備する親やまきば(子ども礼拝クラス)の先生の働きから、スタートです。

そして、それを取りまとめ動画を作成するSくん。まきばのメッセージを代表で準備するMちゃん。こちらが今回メインの働きですね♫

次に、Sくんの奥さんYちゃんが、その動画をパソコンの得意なOさんに渡し、教会のパソコンへ。同時にOさんは、礼拝で使う他の動画もパワポ係がやりやすいように手配してくれます。こちらの働きは、当日までのフォロー♫

そして、賛美リーダーと各奉仕者へ連絡が回り、各自心構えと祈りで、礼拝に備えます。これも大切な働きですね♫

当日、賛美リーダーSさんは、賛美練習の時間を短縮し、動画確認に時間を割けるようリハーサルを進めてくれます。

与えられた時間に、音響係Eさん、パワポ係Mちゃん、配信係Kさんが、合図をしながらそれぞれの動画を流すリハーサルをします。後は本番このメンバーにカメラ係Kちゃんが加わり、動画を流すのみ♫

動画を流すのに、こんなにもたくさんの人が関わっています。誰も強制的に動かされているわけではありません。そこには教会への愛があります。

子どもたちのようすを皆と分かち合いたい。見ている方たちに、見やすくて聞きやすいように動画を映したい。当日の奉仕者が困らないようにしたい。何より、子どもたちの成長を、教会のみんなで喜びたい!!そんなさまざな想いがひとつになり、素晴らしいチームワークとなります😊

教会にはいろいろな奉仕があります。その働きは仕事ではないので、お給料が出たり、やらなければいけない事では、決してありません。でも、私は奉仕が好きです。奉仕を通して、さまざまな事を学び、交わりがあり、喜びがあります。そして、そこには必ず愛がある事を実感しているからです✨✨

『キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。』エペソ4.16

『それで、神に仕えることに関して、私はキリスト・イエスにあって誇りをもっているのです。』    ローマ15.17