何ヶ月か前、散歩道に小さな可愛いらしい花が咲いていたので、思わず写真を撮りました。調べてみたら「すずらん水仙」という名前だそうです。見ると、白い花びらに緑の「差し色」が入っているのが分かります。

すずらん水仙は、4月から5月頃に花が咲くそうです。夏の日差しに弱く、冬の寒さには強いようです。神さまは、こんなに小さな一つ一つの花でさえ、ちゃんと個性と計画を与え、造られています。

私たちも、創造主である神さまに造られました。全員違う姿と特徴を持っていて、それぞれに神さまの計画があります。ひとりひとりが愛されていて、ひとりひとりが素晴らしいのです。神さまに造られたそれぞれの特徴や個性を、受け入れ認め合いながら、花のように自然体で毎日を過ごせたらいいな…と思います。

『神はお造りになったすべてのものを見られた。見よ。それは非常に良かった。』   創世記1.31

『私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。』      エペソ2.10

写真 「豊田ホープチャペル」